ec47df247e076a7c29b2778b8d5ac40a3c370ac81375460555



ライトミステリーとは



これという定義はありませんが、ライトノベルのように手軽に読めるミステリー作品全般という意味合いでいいと思います。

ここでは次の要素に該当する作品を紹介しています。

★登場人物に重点を置いているキャラクター主体のもの
★設定や登場人物が現実離れしていたり、漫画的なもの
★殺人事件や犯罪ではなく、日常の謎をテーマにしたもの。日常ミステリー
★主人公陣が学生だったり学校が舞台のもの。青春ミステリー

感想は読書メーターより引用。



スポンサーリンク


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち

 

Kindle ストア ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ (メディアワークス文庫)

あらすじ
鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。
だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。
これは栞子と奇妙な客人が織りなす、“古書と秘密”の物語である。

★古い本には、物語がある。一冊の古書を介して解き明かされる秘密。推理そのものはわりかしライトですが、本にまつわる蘊蓄の数々にぐいぐいと引き込まれます。栞子さんが本を介して人と心を通わせていく過程にもこの作品の良さがある、そう感じました。


★ちくしょう、面白い! 話題作すぎて避けてたけど今更ハマってしまった。古書を巡る謎を解き明かすのがこんなに面白いなんて。登場する本はどれもちゃんと読んだことはなかったけど、それでも楽しめた。栞子さんの推理が冴える。あとかわいい。本のこととなるとお喋りなのに普段は人見知りで上手く話せなくなっちゃう栞子さんかわいい。序章に出てきた、本を読みながら笑ったり大きく頷いたりしているという栞子さんの姿にはそれこそ本を読みながら頷いて共感した。ほんのりラブコメ要素があって嬉しいですね。


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち ... - 読書メーター


万能鑑定士Qの事件簿 


Kindle ストア 万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)

あらすじ
23歳、凜田莉子の事務所の看板に刻まれるのは「万能鑑定士Q」。喜怒哀楽を伴う記憶術で広範囲な知識を有す莉子は、瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破る! 日本を変える頭脳派新ヒロイン誕生!!

★「面白くて知恵がつく、人の死なないミステリ」が売りのシリーズだそうです。書店で何度か見かけてはいたのですが、表紙からラノベっぽい内容を想像して避けていました。ところが今回、何気なく手に取ってみたら読みやすくて驚き。ヒロイン・凛田莉子の素直な性格と、ためになる雑学の数々が魅力的です。構成はちょっと独特で、謎めいた事件で引きつけておきながら、次第に語り手も読者も莉子の過去に関心が及ぶようになっています。読み終えたあとはヒロインへの好感と、また勉強してみようかな、というさわやかな学習意欲で満たされていました。


★天才ヒロインっていうから飛び級で海外の大学とか勉強なんてできて当たり前、なのかと思ったらまさかの元劣等生でびっくり。これからどうなるんだろう?っていう興味の沸かせ方が上手い。先が気になって一気読み。

万能鑑定士Qの事件簿 I 感想 松岡 圭祐 - 読書メーター


珈琲店タレーランの事件簿

 

あらすじ
京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。だが美星には、秘められた過去があり―。軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作。


★「ビブリア古書堂面白かったらこっちもオススメ」みたいなコメントをどこかで見かけて読んでみました。さすが、このミスシリーズは外れがない。店内で話を聞いただけでさらっと推理する感じ、ちょっとした?トラウマがあったりする部分なんかが確かに栞子さんに似てる。考える時にコーヒーをコリコリしたり、「よく挽けました」って台詞はちょっとフィクション感が強いけど、探偵モノのお決まりと言えば確かにそうだよなぁ。「一見して短編の集まりだけど、最終章で散りばめられてたピースが揃って最後の謎が解決!」って構成は大好物です。

★ビブリアにも似た感じの作品。純喫茶の女性バリスタ美星の推理と主人公のアオヤマを中心に展開。軽めから始まり徐々に美星の過去の話も出てきて重めな内容に推移。ただ、京都好きでカフェ好きでもあるので、タレーランの雰囲気や珈琲の薀蓄なども充分楽しめた。珈琲飲みながら読みたくなる本です。最終でアオヤマの素性が明らかになったが、気がつかなかった。サブタイトルもそういうことかと。この人気シリーズの続きも読んでいきたいです。

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れ ... - 読書メーター


櫻子さんの足下には死体が埋まっている


Kindle ストア 櫻子さんの足下には死体が埋まっている (角川文庫)

あらすじ
平凡な高校生の僕は、お屋敷に住む美人なお嬢様、櫻子さんと知り合いだ。けれど彼女は普通じゃない。なんと骨が大好きで、骨と死体の状態から、真実を導くことが出来るのだ。そして僕まで事件に巻き込まれ……。 

★骨を愛する櫻子さんと食べ物に釣られる高校生正太郎が、事件を解決していくライトミステリ。連作短編形式で確かに読み口はライトだったが、後味が悪い事件が多かった印象。しかし、しっかりとミステリの形にになっているし、何よりキャラクターが個性豊かでとてもよかった。骨を愛しすぎて、動物の轢死体を嬉々として回収してみたり、正太郎が贈ったカレイを骨格標本にしてみたり、鹿の死体を車に積み、腐敗臭とノミとダニで廃車にしてみたりと、櫻子さんの奇人エピソードがとてもよかった。

★最近ちょくちょくこの作品見かけて気になっていたのよね。櫻子さんががっつり捜査するわけではなくて、死体の状態を見て考えたことを主人公に話すという感じかな。そりゃ現代日本で素人ががっつり操作するのはありえないよね。一話から三話までそれぞれの趣があって面白かった。これなら、シリーズ全部そろえてもいいかなって気がする。櫻子さんのキャラは正直引いてしまったんだけど、キャラ×ライトミステリっていうなら、このくらいのキャラ立ちはしないといけないのかもしれない。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている (文庫) 感想 太田 ... - 読書メーター



ホーンテッド・キャンパス


Kindle ストア ホーンテッド・キャンパス (角川ホラー文庫)

あらすじ
八神森司は、幽霊なんて見たくもないのに、「視えてしまう」体質の大学生。片想いの美少女こよみのために、いやいやながらオカルト研究会に入ることに。ある日、オカ研に悩める男が現れた。その悩みとは、「部屋の壁に浮き出た女の顔の染みが、引っ越しても追ってくる」というもので……。次々もたらされる怪奇現象のお悩みに、個性的なオカ研メンバーが大活躍。第19回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞の青春オカルトミステリ!


★サクッと読めるホラー小説。ホラーというよりホラーと青春とか恋愛要素とか色々足して割った感じですねえ。ラノベよりのホラー小説って感じ。割と本格的なホラーを期待したんですがちょっと残念。とはいえ本格的なホラー小説が苦手な方とか隙間時間にサクッと読みたい方にはいいのではないのでしょうか?

★何度読んでも可愛くて面白くてテンションがあがってしまう。大学生活楽しそうで羨ましい。二人が可愛くて応援したくなるし、二人の周りのキャラたちも魅力的で一緒になって騒ぎたい。この後の進展具合を考えると、本当に最初の方のぎこちなさが……(笑)


ホーンテッド・キャンパス 感想 櫛木 理宇 - 読書メーター

浜村渚の計算ノート


Kindle ストア 浜村渚の計算ノート (講談社文庫)

あらすじ
「数学の地位向上のため国民全員を人質とする」。天才数学者・高木源一郎が始めたテロ活動。彼の作った有名教育ソフトで学んだ日本人は予備催眠を受けており、命令次第で殺人の加害者にも被害者にもなりうるのだ。テロに対抗し警視庁が探し出したのは一人の女子中学生だった! 新時代数学ミステリー!!

★純粋なる数学ミステリー。数学って面白いなぁ、とついつい思ってしまった。数学が学校教育から排除されつつある世界で、数学を愛する者たちが起こすテロ行為。犯人たちの犯行には数学が関係しているのだが、それを解き明かす中学生女子の思考力と数学知識に脱帽。中でも「0は割ってはいけない数字」という話は納得。ぜひ、子どもに教えたい。あと、円周率は下にいくほど偉大って話も面白かったな。四色問題の話を読んで、容疑者xの献身を思い出した。

★渚ちゃんがかわいい。数学雑学を織り交ぜた、サクサク読める短編集。内容は、かなり軽めなので気分転換にちょうどよかった。数学知識によって解決を導く、というよりは、数学用語を紹介してる、という感じなので、塗り絵問題とか、フィボナッチ数列なんかは、図を入れて説明してほしかったなー。もう、忘れちゃったよ。今度パイナップル見たら、9と13を確認するぞ!…あれ?7と13だっけ?1.1.2.3.5.8.13...あれ?7も9もない!


浜村渚の計算ノート (文庫) 感想 青柳 碧人 - 読書メーター


GOSICK

 
Kindle ストア GOSICK-ゴシック- (角川文庫)

あらすじ
20世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴュール。東洋の島国から留学してきた久城一弥と、超頭脳の美少女ヴィクトリカのコンビが不思議な事件に挑む――キュートでダークなミステリ・シリーズ!!


★不思議な雰囲気を持った作品だった。環境設定も人物紹介もろくろくされずに謎の中へ投げ込まれ、現実とモノローグとのミルフィーユを崩しながら読み進めるうちにボンヤリ見えてくる。後半で一気に鮮明なる解決編は快感。カオス、知恵の泉、事実の指摘などヴィクトリカのセリフが印象的だった。

★アニメ化もされているミステリシリーズ。今流行りのライトミステリーの先駆けでしょうか。平易な表現と可愛らしいキャラクターのおかげで、ミステリ入門者にはお勧めの一冊です。トリックがある程度読めてしまっても、キャラ目当てで読み進める意欲が続くのはライトミステリの強み。ヴィクトリカ、いいキャラです。


GOSICK ―ゴシック― (角川文庫) 感想 桜庭 一樹 - 読書メーター


氷菓(〈古典部〉シリーズ)


Kindle ストア 氷菓<「古典部」シリーズ> (角川文庫)

あらすじ
何事にも積極的に関わろうとしない「省エネ主義」を信条とする神山高校1年生の折木奉太郎は、姉・供恵からの勧めで古典部に入部する。しかし、古典部には同じ1年生の千反田えるも「一身上の都合」で入部していた。彼女の強烈な好奇心を発端として、奉太郎は日常の中に潜む様々な謎を解き明かしていく。


★何事にも面倒くさがりな主人公ホータローが姉や同級生に巻き込まれながら33年前の出来ごとを調べていくのだが、それに触発され 徐々に感情に熱を帯びてきて高校生らしい青臭さを伴いはじめ、それに戸惑いさえも感じる部分が なんとも微笑ましかった。「氷菓」の文字に込められた思いが分かった時は本当に胸が痛くなり…。ところで「神山高校50年の歩み」に出てきた大出くんと古典部顧問の大出先生って何だったんだろうなぁ…と思いつつ、続編へ。

★アニメ化されてたのでテンションが高いお話なのかなー、と思っていたら案外淡々とお話が進んでいくように感じました。これぞ省エネ…?笑でも面白かったです!奉太郎の推理力や、よく分かんない部活とか学校の謎とかにちょっと憧れます笑続きも楽しみです!


氷菓 (文庫) 感想 米澤 穂信 - 読書メーター


春期限定いちごタルト事件(〈小市民〉シリーズ)

 
Kindle ストア 春期限定いちごタルト事件 小市民シリーズ (創元推理文庫)

あらすじ
自身の本性によって手痛い思いを経験した中学時代を過ごしてきた船戸高校新1年生の小鳩常悟朗と小佐内ゆき。彼らは自らの性癖をひた隠し、「小市民」として日々の安寧を目指すため、困ったときには互いを言い訳に利用する互恵関係を築いていた。しかし常悟朗は、目の前に現れた問題事に対して図らずも抑えていた推理癖を発揮し、謎を解き明かしていくことになる。しかし、その中で小佐内の身には自転車が盗まれる事件が発生、その事件が思いもよらない形で2人を巻き込んでいく。

★古典部シリーズ同様にライトだけどライトすぎない絶妙なミステリー。謎かけも読みながら推理できるレベルで長編の推理小説みたいに読んでるうちに色々忘れたり、そんなの推理するの無理って思ったり、そういう小説とはしっかり差別化できてる。良し悪しあれどこれはこれでちゃんと成立してるし、キャラにもしっかり魅力がある。続刊も読む予定。

★謎に遭遇したら解かずにはいられない。大半の人が、「そんなことで・・・」と思うような些細な謎であってもやはり推理してしまう。 小鳩君と小佐内さんは謎解きを我慢し、小市民を目指すのだが、やはり謎に遭遇したら推理し、解いてしまう。もはや習性に近いものがあるのだろう。 そんな小鳩君と小佐内さんの絶妙な距離感と二人が挑む些細な謎の組み合わせが見ていて微笑ましい。


春期限定いちごタルト事件 感想 米澤 穂信 - 読書メーター


退出ゲーム(ハルチカシリーズ)

 
Kindle ストア 退出ゲーム<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)

あらすじ
「わたしはこんな三角関係をぜったいに認めない」
穂村チカ、廃部寸前の弱小吹奏楽部のフルート奏者。上条ハルタ、チカの幼馴染のホルン奏者。音楽教師・草壁先生の指導のもと、吹奏楽の“甲子園”普門館を夢見る2人に、難題がふりかかる。
化学部から盗まれた劇薬の行方、六面全部が白いルービックキューブの謎、演劇部との即興劇対決……。2人の推理が冴える、青春ミステリの決定版、“ハルチカ”シリーズ第1弾!


★気になっていたハルチカシリーズ。やられた。学園ものということで、もっとライトな感じだと思っていたけど、謎が予想以上にどっしりしている。良い意味で裏切られた。
それは、設定や登場人物、謎の感じもあるけど、青春って同じにおいがするのかな。なんだろうな、あれ。おバカで恥ずかしくてこそばゆくて真っ直ぐで眩しい。退出ゲームやルービックキューブ、歴史的背景、文学などなど、読んでいておもしろい"へー"も散りばめられている。

★初野晴「退出ゲーム」読了。米澤穂信に次ぐ日常学園ミステリ、トリックは発想より知識系に偏るが、泣ける。これがあるから日常の謎は面白い。

退出ゲーム (文庫) 感想 初野 晴 - 読書メーター


理由(わけ)あって冬に出る(にわか高校生探偵団の事件簿シリーズ)



Kindle ストア 理由(わけ)あって冬に出る にわか高校生探偵団の事件簿 (創元推理文庫)

あらすじ
某市立高校の芸術棟にはフルートを吹く幽霊が出るらしい――吹奏楽部は来る送別演奏会のため練習を行わなくてはならないのだが、幽霊の噂に怯えた部員が練習に来なくなってしまった。かくなる上は幽霊など出ないことを立証するため、部長は部員の秋野麻衣とともに夜の芸術棟を見張ることを決意。しかし自分たちだけでは信憑性に欠ける、正しいことを証明するには第三者の立会いが必要だ。……かくして第三者として白羽の矢を立てられた葉山君は夜の芸術棟へと足を運ぶが、予想に反して幽霊は本当に現れた! にわか高校生探偵団が解明した幽霊騒ぎの真相とは? 第16回鮎川哲也賞に佳作入選したコミカルなミステリ。


★ズバリ青春ミステリーでした! 1人ひとりのキャラが強く印象的ですが、主要メンバーだけなのでくどい感じがなくとても十分楽しめるかなと思います。 何気ない話しが後々謎解きに繋がる面白さがあります。 図をつけてのミステリーの解説をしてくれるので、謎が後に残らずモヤモヤが残らずにスッキリと楽しめる小説だと思います。

★最後まで読めば解るタイトルが秀逸。著者の他作品同様、コミカルな会話や登場人物の割りに結末は苦いが、十分楽しめた。

理由(わけ)あって冬に出る 感想 似鳥 鶏 - 読書メーター


★こちらもオススメ
 >ダークな雰囲気のミステリー系ライトノベル
 >【ヤンデレ・サイコ・キチ○イ】 猟奇的なヒロインが登場する漫画
 >良い子は見ちゃだめ! グロ系漫画まとめ
 
スポンサーリンク