8ebc7d381a3bffa62bda6673655dbda2


これホントにあるの!?っていう珍しい苗字を集めました。




スポンサーリンク

【フィクションにありがち編】

・九十九(つくも)
・小鳥遊(たかなし)
・凸森(でこもり)
・百目鬼(どうめき)
・十六夜(いざよい)
・不知火(しらぬい)
・等々力(とどろき)
・四月一日(わたぬき)
・八月一日(ほづみ・はっさく)
・栗花落(つゆり)

漫画やアニメでよく目にする名前。フィクションの小鳥遊姓は実在する小鳥遊さんよりも多いといわれています。


【厨二編】

・邪答院(けとういん)
・破魔(はま)
・釈迦郡(しゃかごおり)
・霊界堂(れいかいどう)
・神喰(かみじき)
・獅子王(ししおう)
・不死原(ふじわら)
・卍山下(まんざんか・まんじやました)

魔や邪など厨二心をくすぐられる文字を含んだ希少性。
卍山下さんは名前の中で唯一卍を含む名前のようです。


【漢字一字編】

・一(にのまえ)
・九(いちじく)
・紅(くれない)
・英(はなぶさ)
・流(みずゆき)
・蘭(あららぎ)
・神(じん)
・巫(かんなぎ)
・鬼(きさらぎ)

シュッとしていてかっこよい。神さんや鬼さんなんかは大物感が漂います。


【竜編】

・九頭竜(くずりゅう)
・龍華(たちばな)
・黒龍(こくりゅう)
・眼竜(がんりゅう)
・一龍斎(いちりゅうさい)
・青竜寺(せいりゅうじ)
・法竜院(ほうりゅういん)

ドラゴンの付く姓。「竜」は「龍」の略字体ですが、やはり龍のほうが物々しく感じます。


【特殊読み編】

・安心院(あじむ)
・熊耳(くまがみ)
・樹神(こだま)
・歌枕(かつらぎ)
・大仏(おさらぎ)
・鶏冠井(かえで)
・雲母(きらら)
・時雨(しぐれ)
・鏑流馬(やぶさめ)
・酒々井(しすい)
・蜷局(とぐろ)
・晴天目(なばため)
・月見里(やまなし)

難読苗字。月見里は小鳥遊と似たような名前ですが知名度は低めですね。


【四文字編】

・勅使河原(てしがわら)
・熊埜御堂(くまのみどう)
・武者小路(むしゃのこうじ)
・天王寺谷(てんのうじや)
・文珠四郎(もんじゅしろう)
・御菩薩池(みぞろけ)
・四十八願(よいなら)
・五十公野(いずみの)
・勘解由小路(かでのこうじ)

勅使河原さんは最も多い四文字姓で全国で700世帯ほど存在します。


【実在しない編】

・春夏秋冬(ひととせ)
・十二月一日(しわすだ)
・十二月三十一日(ひづめ)

いわゆる幽霊苗字で実在が確認されていない名前です。


いかがでしたでしょうか。自分が平凡な苗字だとかっこいい名前に憧れてしまいますね。

【難読】 実在する厨二っぽい苗字 【稀少】
(管理人の別サイト・創作に使えるかもしれない用語集に飛びます)

スポンサーリンク